読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mamaこあらの育児な日々

オーストラリアでの生活や子育て、大好きなフィギュアスケートについて。日々検索したことなどを忘れないように綴っていきたいと思います。

妊婦の長距離フライト(日本〜オーストラリア)

年の瀬も迫った2015年12月、急遽オーストラリアに行くことが決定したのですが、渡豪時点では23週になるところでした。つわりも終わり体調も良かったのですが、気がかりは保険。妊婦でも入れる海外旅行保険は22週までが対象だったので、23週の私はぎりぎりアウト。

 

かなり心配でしたが、いざとなったらメディケア(オーストラリアの健康保険)に入れるだろう(一応ビザおりてるし...)、あとは日本の健康保険も帰国後に申請すれば医療費の一部を負担してくれるし...と考えて保険はなしで行くことにしました。

でも行く前はかなりナーバスでした。飛行機の上で何かあったらどうしよう...って。

 

結果的に何もなかったので良かったのですが、どうしてもいかなければならない理由がないのであれば行かない方がいいと私は思います。でも事情があって長距離フライトに乗る予定の妊婦さんのために、フライト中の体調を書いておこうと思います。

 

まず、足がとにかくむくみます。自分の足ではないかと思う程にむくんでました。乗り換え空港ではソファに横になって足をあげていました。あとは夫にたくさんマッサージしてもらったり、機内では1時間に1回は歩いていました。行きは夜便だったのですが、一睡もできず(泣)。帰りは昼便だったのでだいぶ楽でした。赤ちゃんはお腹をどこどこ蹴って元気でした。23週でもけっこう辛いので、週数の進んだ妊婦さんだとより辛いと思います。

 

ちなみに産婦人科の先生は「無理はせずに疲れたら休んで、いってらっしゃ〜い!」って感じで全く反対されませんでした。

ご自分の体調と相談しながら、そして無理のない旅程で行くのが一番だと思います。