読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mamaこあらの育児な日々

オーストラリアでの生活や子育て、大好きなフィギュアスケートについて。日々検索したことなどを忘れないように綴っていきたいと思います。

0歳育児つからった事 第2位 腱鞘炎

娘が産まれてからのこの1年を振り返って、産後の体調等含め、つらかった事ランキングの続き。

 

第2位 腱鞘炎

地味に長引き、辛かったのが腱鞘炎。痛みが出始めたのは産後3週目頃。オーストラリアに行く日が迫っていたので、産後5週目頃にステロイド剤を打ってもらいました。ただ授乳中はあまり打たない方がいいという先生の方針で、所定量の半量しか打ってもらえませんでした。思っていたよりも相当痛い注射でした。効果も持続せず、10日くらいで痛みが戻ってきました。

 

できるだけ娘を抱っこするときやオムツを替えるときは、腕全体で抱くようにし、手首や指を使わないように心がけましたが、痛みは増すばかり。親指だけでなく、中指や薬指もばね指になり、朝はとくに痛みが強かったです。

オーストラリアについてしばらくは夫の実家で暮らしていたので、炊事をあまりする必要がなく、なんとかなっていたのですが、実家を出る前になんとかする必要がありました。その時点ではフライパンをもったり、包丁を使う事もできなくなっていました。両手にサポーターをして、テーピングをし、痛み止めクリームを塗っていましたが、自力で治すのには限界がありました。

オーストラリアで病院にかかるときはまず、GPと呼ばれる一般開業医に看てもらい、治療方法を考えます。私もまずGPに行き、専門医を紹介されました。そこでレントゲンと超音波検査をして、専門医は診断結果をGPに送ります。GPはその診断結果をみて、ステロイド注射が必要と診断しました。また紹介状をもらい、今度はステロイド注射をすることができる病院に行きます。ここでは超音波で腱鞘をみながら、炎症を起こしているところに注射します。自分に針が入ってくる映像をみながらだったので、不思議と痛みはあまり感じませんでした。

これでだいぶ痛みは楽になり、普通の生活をすることができるようになりました。サポーターはつけたりつけなかったり。。痛みが強くなってきたらテーピングをしたり、動かさないようにしたり。

痛みが完全になくなったのは、生理がきてからです。嘘のようにピタリとなくなりました。うすうす感じてはいましたが、やっぱり使い過ぎが原因というより、ホルモンの関係が大きいようです。

病院のスタッフによると腱鞘炎はなりやすいタイプがいて、遺伝しやすいそうです。私は母も姉も産後腱鞘炎に悩まされていたそうです。妹だけは大丈夫でしたが。

地味につらく、何よりも長く悩まされたので第2位にしました。