Mammaこあらの育児な日々

オーストラリアでの生活や子育て、大好きなフィギュアスケートについて。日々検索したことなどを忘れないように綴っていきたいと思います。

夫が出張の間にひとり寝の練習をしてみる

お昼寝は自分で寝付くことができる娘(現在1歳2ヶ月)。

夫が出張の今がチャンスと、夜も娘が自分で寝付けるように練習をしています。

 

これまでは娘をベビーベッドに置いたら少しトントンして、私も自分のベッドに入り(娘と同室です)、娘が自分で寝るのを待ち、寝付けなさそうなときは「ころんして、めんめぎゅっだよ〜」と声かけしたり、それでも寝れないときは隣で手をマッサージしてあげる、というパターンでした。

 

夫が出張に行った日から、娘をベビーベッドに置いた後、ドアを開けっ放しでリビングに行き、リビングから声かけをしたり、寝付けなさそうなときは手をマッサージしたりしています。完全に寝付く前に部屋から出るようにしているのですが、ちゃんと寝てくれます。

娘が完全に寝付くまではリビングの電気も消し、私も静かにしているのでできるのだと思いますが、夫が帰ってきてからもこの方法でいければいいな。そうすれば私もブログを書いたり、検索したり、自分時間がぐっと増えるのにな〜。

 

 

<これまでの寝かしつけの推移>

 

1歳0ヶ月

sichigoichie.hatenablog.com

 

11ヶ月

sichigoichie.hatenablog.com

sichigoichie.hatenablog.com

 

10ヶ月

sichigoichie.hatenablog.com

 

7〜9ヶ月

隣でトントンで寝なくなってきたので、ラッコ抱きで寝かしつけ。

夜泣きが一番ひどい時期。2時間ぐらい寝ない事もざらにあり、真夜中にベビーカーに入れて散歩したり、夫にドライブに連れて行ってもらったりしていた。

 

6ヶ月

隣でトントン。

泣かせるネントレに再びトライ。失敗に終わる。

 

4〜5ヶ月

隣でトントン。

4ヶ月の頃にネントレを友達に勧められ試して知るが失敗に終わる。彼女は成功している。寝返りができるようになった4ヶ月の頃からスワドル(Swaddle)はできなくなった。

 

3ヶ月

腱鞘炎が酷くなり抱っこできなくなってきたので、この頃から隣でトントンで寝せるようにトライ。

f:id:sichigoichie:20170722202445j:plain

Image from aden+anais

こんな感じでスワドル(Swaddle)するのが一般的とオーストラリアにきてから知り試すと、隣でトントンでも寝付きやすかった。一番よく寝てくれた時期。

 

1〜2ヶ月

立ち抱っこでゆらゆら。日本にいた頃。

 

こうやって振り返ると本当に娘も成長したな〜と思います。その当時は疲れ果てていたし、悩んだりもしたけれど、今は立ち抱っこでゆらゆらの時期も懐かしいです。

 

f:id:sichigoichie:20170723184336j:plain 今日挑戦してみたパン。かなりのハードパンになってしまって娘は食べにくそうだったけど、私好みの味だった。色んなパンを作れるようになりたいな。