Mamaこあらの育児ブログ

3歳と0歳の姉妹のママです。オーストラリアでの子育てや日々の出来事を忘れないように綴っています。

産後のエクササイズ指導、フィジオセラピーのクラスに参加する

昨日は義両親に2歳の長女を預け、次女を連れて産後のエクササイズ指導を受けにグループセッションに参加して来ました。

 

Marter Mother's Hospitalで毎週火曜日に行われている無料プログラムでしたが、骨盤底筋の使い方や、立つ時の姿勢、授乳時の姿勢、腹直筋難開(Diastasis Recti)について教えてもらいました。

 

参加者は5人の小さなクラスだったので、質問もしやすく、和気あいあいとした雰囲気でした。途中で授乳したり、娘を寝かせたり(ベビーカーに入れて動かしていると寝た)、赤ちゃん連れのママが他にもいたので、気兼ねなく対応できて良かったです。

 

個人的に気になっていたのが、お腹の割れ目。「腹直筋難開」と言って、腹筋があったところに穴が空いているような感じになっていて、私の場合、指が2本くらい入ります。

f:id:sichigoichie:20180925160502p:plain

Photo from 

How to Identify and Fix Diastasis Recti | Wellness Mama

 

理学療法士さんがお腹を触って確認してくれたのですが、腹筋や骨盤底筋の機能はしっかり動いているということ。割れ目はかなり大きいが、小柄で痩せた(オーストラリア基準、日本基準だとややぽっちゃり)人はそうなりやすい、完全に元の状態にはならないが、割れ目は小さくなるから心配はいらない、腹筋も少しずつ始めていいとのことです。

 

教えてくれたエクササイズは、猫のポーズ、四つん這いになって互い違いの片手片足を伸ばす、四つん這いになって腕立て、という基本的なものでした。

 

その他気になっていた残尿感(2〜4週頃にあって、現在は落ち着いている)についても質問してみましたが、カテーテルの影響だろうとのこと。急激に体重が落ちていた頃だったので、個人的には浮腫が解消していく過程も関係している気がします。

 

5週目の現在、とくに何もしていませんが母乳育児により、産前より11キロ落ちました。長女の相手をしているので、1人目の時より減りが早いです。が、16キロ増えていたので、あと5キロ。

長女に「ママ、おなかしわしわね〜」と言われるので若干落ち込みますが、シワは治らないにせよ、たるみが少しでもなくなるように頑張りたいと思います。